Welcome
研究概要

 聲高研究室は主に鋼構造を対象とする研究を行っています. 地震などの外乱に対して,多様化・高性能化する要求を満足する構造空間を開発・保全するために, 鉄鋼材料の特性を最大限に発揮させる構造を創造し, 部材とその接合システムの臨界挙動や崩壊挙動に立脚した解法および設計法を確立するための研究をおこなっています.


News
2020.2.10 卒業論文ポスター展覧会が行われました. (フォトアルバム)
2020.2.5 修士論文公聴会が行われました. (フォトアルバム)
2020.1.17 博士論文公聴会が行われました. (フォトアルバム)
2019.11.30 日本鉄鋼連盟・関西地区建築ネットワークの活動の一環である「溶接体験研修」に参加しました. (フォトアルバム)
2019.11.20 鋼構造シンポジウム2019・アカデミーセッションにて,西羅康平さんが優秀発表賞を受賞しました.
2019.11.19 聲高裕治准教授が日本鋼構造協会・業績表彰(論文賞)を受賞しました.
故・吹田啓一郎先生のご業績はこちら
Past News
CONTENTS
Home
研究テーマ
メンバー
研究室情報
イベント
フォトアルバム
講義資料
アクセス
LINKS
建築学専攻
工学研究科
京都大学
From 2019.04,Produced by
Koichiro Miyake